メンバー割引き他クーポンのご利用は出来ません

大阪府松原市のラブホテル 「ホテル フォレスト」

〒580-0014 大阪府松原市岡7-391

Tel:072-332-5611

宿泊
予約

メンバー割引き他クーポンのご利用は出来ません

ラブホテルを利用する時のマナーってあるの?

ラブホテルの利用が初めての方は、マナーがわからなくて失敗しないか心配になりませんか?

とくに男性は「こんなときどうするの?」と思っても、女性に聞きにくいものでしょう。

また、マナー違反があると恋人にガッカリされてしまう可能性もあります。

2人で楽しい時間を過ごすためにもラブホテルを利用するときのマナーを学んでおきましょう。

ラブホテルのマナー~入室前~

まずはラブホテルに入室するまでのマナーです。

一般的な流れを確認しておけば、慌てずスムーズに入室できるでしょう。

ラブホテルのリサーチ・予約方法

デートでラブホテルの利用を予定しているときは、事前に予約しておくことをおすすめします。

予約方法は主に「ホテルに直接電話する」「公式サイトから予約する」「ラブホの予約サイトを利用する」の3パターンがあります。

行きたいホテルがすでに決まっていて、質問したいことがあるときはホテルに直接電話するのがよいでしょう。

誰とも会話せずに予約したいなら、公式サイトからの予約がスムーズです。

また、行きたいホテルが決まっていないときは、ラブホの予約サイトを利用しましょう。

ラブホを検索して予約できるので、希望通りのホテルを見つけやすいです。

ラブホテルの料金・支払方法

ラブホテルの料金は、2名1室の料金が表示されています。

部屋には複数のランクが設定されていて、料金に幅があります。

料金の欄に記載されている「休憩」とは、2時間や3時間などホテルが定めた時間内で利用できるシステムです。

サービスタイムやフリータイムは、◯時〜◯時までなど、指定された時間内に延長料金なしで利用できます。

宿泊の場合はチェックインが20時頃、チェックアウトは12時頃に設定されています。

指定時間前にチェックインすると前延長料金、チェックアウトの時間が遅いと延長料金が加算されるため、時間はしっかり確認しておきましょう。


また、ラブホテルの支払い方法は、後払いと前払いがあります。

前払いの場合は入室前に基本料金を支払い、オプションや延長料金などが発生した場合は差額を退室時に支払うシステムです。

後払いは退室時に支払います。

精算方法には、自動精算機(フロントまたは客室内に設置)で支払う方法とフロントで支払う方法があり、まれにエアシューターで支払うラブホもあります。

エアシューターとはフロントに電話するとカプセルが送られてくるので、その中にお金を入れて送り返すシステムです。

最近はクレジットカードが支払えるラブホが多いものの、現金払いのみの場合もありますので、現金を用意しておくと安心です。

ラブホテルの部屋選び

ラブホテルには複数のタイプの客室があります。

グレードが高い客室は部屋が広く、設備が充実しています。

フロントの近くのパネルで客室内の写真と空き状況が確認できるので、入室する部屋が決まったらボタンを押しましょう。

ルームキーはフロントで受け取ります。

ラブホテルのマナー~入室後~

ここからは、入室後のマナーをご紹介します。

知らず知らずのうちにマナー違反をしてしまわないよう、ラブホテルのマナーをしっかり確認しておきましょう。

ラブホテルにあるアメニティグッズ

客室内に置いてある使い切りのアメニティは基本的に持ち帰りOKです。

たとえば1回分のパウチタイプのシャンプーやメイク落とし、歯ブラシや髭剃りなどは持ち帰っても大丈夫です。

ただし、バスルームに備えつけてあるシャンプー・コンディショナーなどは持ち帰らないようにしましょう。

タオルやバスローブ、電気ケトルなども持ち帰ってはいけません。

ラブホテルのお風呂の使い方

ラブホテルのお風呂は広いので、2人でゆっくりと湯船に浸かることができます。

入浴剤のアメニティは自由に使えるので、良い香りのお風呂を楽しみましょう。

ただし、お風呂を使用した後は、お湯を抜くのを忘れないように。

お湯を溜めたままだとスムーズにお掃除できないため、お掃除の方が困ってしまいます。

自宅ではないからとお湯を出しっぱなしにしてムダに使うのもNGです。

バスルームはきれいに使うのがマナーです。

ラブホテルの備品の使い方

ラブホの備品は自由に使えますが、故障や破損につながる使い方をしないように注意しましょう。

万が一、壊してしまった場合は黙って帰らず、正直にスタッフに伝えてください。

備品の持ち帰りも禁止です。

ラブホテルから退出する際には

退出方法は、料金の精算方法によって異なります。

客室内に自動精算機がある場合は、「精算」「会計」などのボタンを押し、お金を支払います。

精算すれば部屋のドアが開くので退出できます。

フロントで支払う場合は、退出前にフロントに電話しましょう。

部屋を出てフロントで精算するか、フロントの近くに設置された自動精算機で支払いをすませます。

また、フロントに電話すると部屋まで料金を徴収しに来てくれるラブホテルもあります。

エアシュータータイプのラブホテルの場合は、フロントに電話してエアシューターで精算してから退出しましょう。

まとめ

ラブホテルのマナーを入室前・入室後に分けてご紹介しました。

マナーを知っておけば、入室前後にとまどうこともないでしょう。

マナー違反をして恋人を幻滅させることもないので、安心してラブホテルを利用できますね。