メンバー割引き他クーポンのご利用は出来ません

大阪府松原市のラブホテル 「ホテル フォレスト」

〒580-0014 大阪府松原市岡7-391

Tel:072-332-5611

宿泊
予約

メンバー割引き他クーポンのご利用は出来ません

ラブホの使い方を紹介!女子会やビジネス利用もできる!

ラブホはカップルで行くのが基本的な利用方法ですが、実は他にもさまざまな使い方があります。

ラブホのプランを知って上手に活用してみませんか?

この記事では、ラブホのプラン別使い方や料金システム、ラブホを使う時の注意点などをご紹介します。

ラブホのプラン別使い方

最近は、さまざまなプランを用意しているラブホが増えています。

まずはラブホのプラン別使い方をご紹介します。

カップルプラン

カップルプランには、休憩、サービスタイム、宿泊などがあります。

サービスタイムは時間内であれば何時間でも利用できるため、リーズナブルな料金で長時間過ごすことも可能です。

女子会プラン

ラブホを女子会に使うのは、今や珍しいことではありません。

友達の部屋のようにリラックスして過ごせる場所として人気です。

ラブホは数時間の利用から宿泊まで可能なので、女子会メンバーの都合に合わせて選べます。

女子会プランは最大5名程度ですが、参加人数が多いと1人あたりの料金が割安になるため、リーズナブルな料金で女子会を楽しめます。

ビジネスプラン

ラブホのビジネスプランは、出張中のビジネスマンやビジネスウーマンを対象としたプランです。

ラブホの客室は広いベッドやお風呂を備えているので、狭いビジネスホテルで過ごすよりも疲れを癒せるでしょう。

気になるのが領収書ですが、ホテル名ではなく運営会社名で発行してくれるため、安心して経理に回せるでしょう。

女子旅プラン

女子旅プランがあるラブホは女性2人で宿泊できます。

ラブホの部屋は可愛くて居心地がよく、広いベッドにジェットバス、大きなテレビも完備しています。

美容機器の貸し出しもあるため、お部屋でセルフエステもできます。

アメニティも充実しているので、荷物を少しでも減らせるでしょう。

カラオケやVODサービスも利用できるので、部屋で退屈することもありません。

女子旅の宿泊先に迷ったら、ラブホを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

ラブホの料金システム別使い方

ラブホの料金は、利用する曜日や利用方法によって異なります。

ラブホの主な料金システムについて解説します。

曜日別の料金

ほとんどのラブホは月〜木曜が平日料金で、金・土・日・祝日・祝前日は平日より割高な料金設定になっています。

できるだけ安く利用したい場合は、平日料金が適用される曜日を狙いましょう。

部屋のランク別の料金

多くのラブホテルでは、部屋のランクによって料金が設定されています。

面積が狭くシンプルな設備の部屋はリーズナブルな料金、広々としていて特別な設備がある部屋は料金が高い傾向なので、予算に合わせて部屋を選べます。

利用方法別の料金(休憩・宿泊・ショートタイム・サービスタイム・深夜休憩)

ラブホは利用方法によって料金が決められています。

たとえば2〜3時間程度のホテルが定めた時間内で利用できるのが「休憩」、休憩より短い時間(1〜2時間程度)利用できるのが「ショートタイム」です。

また、「サービスタイム」は決められた時間内であれば延長料金なしで利用できます。

宿泊タイムになれば宿泊料金が適用されますが、宿泊扱いになる時間帯でも休憩として利用できる「深夜休憩」を設定しているラブホもあります。

ラブホを使うときの注意点

ラブホを利用するときは、以下の注意点に気を付けておきましょう。

年齢制限がある

ラブホは風営法が適用されるため、18歳未満は利用できません。

年齢を確認されることはありませんが、ルールを守って利用しましょう。

人数・同性制限がある

ラブホは基本的にカップルで利用する施設なので、「2人のみ」「男女のカップルのみ」などの制限があります。

しかし、最近はラブホ女子会が一般的になり、ビジネスプランのように1人で宿泊できるプランを設定しているラブホもあります。

また、LGBTQへの理解から男性グループや女性グループOKのラブホも増えてきています。

ホテルによって人数や同性制限が異なりますので、確認して利用しましょう。

色々な料金形態がある

ラブホには休憩・サービスタイム・ショートタイム・宿泊など、さまざまな利用方法があり、料金も異なります。

また、曜日や部屋のランクによっても料金が異なります。

「思ったより高かった」ということにならないためにも、料金形態をよく確認してから利用しましょう。

無料・有料のものがある

ラブホでは、テレビやカラオケなど客室内の設備は基本的に無料で利用できます。

オプションには有料のものもありますので、確認して利用しましょう。

予約方法の確認

ラブホ女子会や女子旅、ビジネスプランなどで利用する場合、予約をしておきましょう。

また、人気のラブホは満室の可能性があるため、カップルで利用する場合も予約がおすすめです。

ラブホの多くは電話や公式サイト、ラブホの予約サイトなどから予約できますので、予約方法を確認しておきましょう。

まとめ

充実した設備をリーズナブルな料金で利用できラブホ。

近年はラブホ女子会や女子旅など、さまざまなプランが採用されています。

カップルで利用する以外にもさまざまな利用方法があるので、気軽にラブホを活用してみてはいかがでしょうか。