メンバー割引き他クーポンのご利用は出来ません

大阪府松原市のラブホテル 「ホテル フォレスト」

〒580-0014 大阪府松原市岡7-391

Tel:072-332-5611

宿泊
予約

メンバー割引き他クーポンのご利用は出来ません

ラブホの休憩

ラブホを利用したことがある人であれば、一度はラブホで「休憩」をしたことがあるのではないでしょうか?しかし、ラブホをあまり利用しないという人や、利用したことない人のほとんどの人は、「ラブホの休憩って何?」と疑問に思っているはずです。

そこで今回は、ラブホにおける休憩について、解説していきます。また、ラブホにおけるコース毎の比較もまとめています。ラブホの休憩をまだ利用したことないという人はもちろん。ラブホを利用したことある人も、知っておいて損の無い、内容ですので、最後まで読んでみてくださいね。

ラブホの休憩とは

ラブホの「休憩」とは、ホテルが定めた休憩タイム内に、チェックイン・チェックアウトをする事を基本に、短時間ラブホテルを利用する場合に用いられるコースです。

ホテルフォレスト(大阪松原)

ラブホコースの比較

ラブホで選択できるコースは大きく3つあります。それぞれの特徴を確認していきましょう。

◆休憩

休憩とは、つまり宿泊せずに数時間だけその部屋に滞在するということです。例えば、午後の3時に入室して午後6時に退室するという使い方をしたいときは、休憩を選ぶのが良いと言えます。多くの場合、休憩は3時間前後の時間制限があり、それを過ぎると追加料金が発生します。

◆宿泊

宿泊とは文字通りそのホテルに宿泊するということです。「11時チェックアウト」など、普通のホテルと同じようにチェックアウト時間が決まっているラブホテルもあれば、チェックアウトの時間は決まっておらず、「入室した時刻から12時間利用可能」といったシステムを採用しているラブホもあります。

つまり、入室から12時間利用可能というラブホであれば、夜9時に入室した場合、翌朝9時にチェックアウトしないといけないということです。宿泊の際は、チェックアウトの時刻をきちんと確認しておくことが重要です。

また、ラブホに宿泊する際に気をつけなければいけないのが、宿泊したい場合は「夜9時以降のチェックインでないといけない」と言った制約があることです。ラブホには、「休憩」で利用している人との兼ね合いがあるため、ある程度遅い時間になってからじゃないと宿泊プランに入室できないということが関係しています。

◆サービスタイム、フリータイム

サービスタイムやフリータイムというプランもありますが、これは一般的に「利用者が少なかったら長く滞在しても良い」というプランで、ラブホを利用する人が少ない平日や日中など「最大10時間まで在室OK」と言ったような形式で提供されています。
あまり、イメージがつきにくい人は、カラオケのフリータイムをイメージしてもらえると分かるかと思います。

ラブホコースの比較〜料金編〜

ラブホのコース毎の料金を比較してみたいと思います。休憩にしろ、宿泊にしろ、ラブホを利用する上で、是非とも知っておきたい内容ですので、確認していきましょう。また、実際の料金例も記載していますので、そちらも、参考にしてみてください。

◆休憩

休憩料金はホテルごとに定められた基本時間(1時間、2時間、3時間など)内で利用できる料金です。基本時間を過ぎると30分毎(15分や1時間のホテルもあります)の延長料金が加算されます。なお休憩で入室した場合でも、ホテルで定めた宿泊時間(深夜0時など)を過ぎると自動的に宿泊料金に切り替わる場合がありますので注意が必要です。

【休憩料金の例】
◆月〜金・祝前
5:00〜翌1:00の間で最大3時間ご利用4,500円〜6,900円
◆土・日・祝・特
5:00〜翌1:00の間で最大3時間ご利用4,700円〜7,500円

◆宿泊

ラブホを利用したことがある人であれば、チェックアウトまで少し時間が余ってしまった経験があるのではないでしょうか?そんな時に活躍するのが、カラオケです。カラオケは1曲5分程ですので、柔軟に余った時間を埋め合わせるのにもってこいなのです。

宿泊料金は夜○時〜翌朝○時までのご利用で○○円というのが、一般的です。指定時刻以降滞在すると休憩と同様に延長料金が加算されます。また、宿泊タイム以前の時間帯からチェックインして宿泊すると前延長料金が加算されます。

【宿泊料金の例】
◆日〜木・祝
18:00〜翌12:00の間で最大18時間ご利用7,100円〜9,700円
翌0時〜15:00の間で最大15時間ご利用7,100円〜9,700円
◆金
18:00〜翌11:00の間で最大17時間ご利用7,500円〜11,000円
◆土・祝前・特
21:00〜翌11:00の間で最大14時間ご利用8,700円〜13,000円

◆サービスタイム、フリータイム

サービスタイムは、○時〜○時まで延長料金不要というのが一般的です。通常平日のみのサービスが主流ですが、最近では土日や休日でも時間を変えておこなっているホテルもありますので確認が必要です。また、関西地方では、延長料金のサービスではなく、休憩基本時間が通常1時間のものが、3時間や5時間になるものもあります。

【サービスタイム、フリータイム料金の例】
◆月〜金・祝前
5:00〜17:00の間で最大12時間ご利用5,500円〜7,200円
11:00〜16:00チェックインより6時間ご利用5,500円〜7,200円
◆土・日・祝・特
5:00〜17:00の間で最大12時間ご利用6,000円〜8,500円
11:00〜16:00チェックインより6時間ご利用6,000円〜8,900円

まとめ

ここまで、ラブホの休憩をはじめとした、ラブホのコースについて詳しく解説していきました。ラブホのコースにおける時間や料金は、ホテルによって様々です。少しの滞在なら「休憩」を選択するというように、自分の用途を考えた上で、最も満足のいくラブホのコースを選択してみてくださいね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。