メンバー割引き他クーポンのご利用は出来ません

大阪府松原市のラブホテル 「ホテル フォレスト」

〒580-0014 大阪府松原市岡7-391

Tel:072-332-5611

宿泊
予約

メンバー割引き他クーポンのご利用は出来ません

ビジネスホテルの騒音問題~壁は薄い?厚い?~

「隣の部屋がカップルみたいで、やけにうるさい」。
「朝早くから大事な商談があるのに、寝れない」。
「夜遅くに家族に電話したいが、壁が薄そうで電話をかけ辛い」。

出張先でこのような経験をしたことはありませんか?

ビジネスホテルに必ずついてくるといっても過言ではない「騒音問題」。
今回は騒音面に関する議題を交えながら、ビジネスホテルとラブホテルのどちらが、ビジネス利用に向いているのか解説していきたいと思います。

ビジネスホテルの騒音事情

冒頭でも触れたとおり、ビジネスホテルは騒音・防音面に関して優れていません。
理由は簡単で、ビジネスホテルは客室を可能な限り増やして、出来る限り集客したいため、壁を薄くしてでも部屋数を増やすように設計されているからです。

夕方や夕飯時であれば、そこまで気にはならないですが、夜中になってみるとビジネスホテルの壁の薄さを強く実感できます。
大きなビジネスホテルであれば、特に感じるかと思いますが、隣のテレビの音ですら聴こえて来ます。

これでは、夜中に上司からかかってくる急な電話も対応し辛いですし、隣の部屋の音によって、眠りにつけないなどの問題がでてきます。

しかし、多くのビジネスホテルでは、騒音に関するケアは実施されていない状態なので、この現状のまま我慢しなければならず、利用者にとってはなかなか苦労する部分でもあります。

ラブホテルの騒音事情

ビジネスホテルとは対照的にラブホテルは騒音・防音面に関しては徹底しており、ほとんど気になることはないかと思います。

ラブホテルの騒音・防音面に優れている要因は大きく分けて二つあります。
まず「窓ガラスが二重であること」、そして「壁が非常にあつくしっかりしていること」です。
それぞれ順を追って説明していきたいと思います。

まず「窓ガラスが二重であること」についてですが、多くのラブホテルの窓は二重でできているため防音性に非常に優れています。
また、窓ガラスだけでなく、その上からふすま式の蓋や観音式の扉を取り付けているため、実質三重の防音壁となるため、外部からの騒音を受け付けませんし、内部からはしっかり防音してくれます。

そして「壁が非常に厚くしっかりしていること」に関してですが、ラブホテルの壁を叩いていただくとお分かりいただけるかと思いますが、石膏ボード特有の「コンコン」とした音ではなく、「カンカン」と中身の詰まった壁であることが分かります。
正確な壁の厚さは店舗によって差異はあるかと思いますが、少なくとも28cm以上はあるでしょう。
また、壁だけではなく床の防音も優れており、ラブホテルは大概フロアタイルである場合が多く、上からの騒音もほとんど聴こえないので、非常に快適に宿泊することが出来ます。

ビジネスホテルとラブホテルの騒音事情を比較

ビジネスホテルとラブホテルを比較してみると、騒音・防音面においては全てラブホテルが勝っていることが、お分かりいただけるかと思います。
ビジネスホテルの方が営業法的に清潔感にも勝り、宿泊利用は快適かのように思えますが、実際騒音問題や設備面を考慮すると、ビジネス利用において必ずしもビジネスホテルの方がラブホテルより有益というわけではないと思います。

もしもラブホテルで騒音を感じたときは?

長時間にわたって騒音が聴こえてくることは基本的にないと思いますが、万が一耐え兼ねない騒音が続いた場合、多くのラブホテルでは早急に部屋を交換して貰えるでしょう。
ビジネスホテルとは違い、ラブホテルを利用される方の大半は素泊まりなので、急な部屋替えにも対応できますし、万が一部屋が埋まっていたとしても、場所と時間帯によっては、すぐ空き部屋ができるので問題ないかと思います。
ただ、実際のところラブホテルだからといって、夜中もずっと喘ぎ声が聴こえてくるなどといったことは、どちらかというと珍しい方で、大半は夜中になるとラブホテルを利用している方も就寝されるので、隣の部屋の騒音が気になって眠れないということは基本的にはないかと思います。

まとめ

ラブホテルはビジネスホテルと比べた場合、騒音・防音面においては圧倒的に優れています。
隣の部屋の音により、眠れなくなってしまうなどといったリスクもかなり減らせるため、出張先で快適な睡眠を確保したい方は、ビジネスホテルよりもラブホテルをご利用になられたほうが良いでしょう。

またラブホテルはビジネスホテルに比べて、客室に用意されたグッズであるアメニティに関してや、会員になることで受けられる、割引やキャンペーン、その他設備面やサービス面において非常に充実しているので、そういった面から考えても快適さはラブホテルに軍配が上がるかと思います。

もちろん、あまりにも駅から遠すぎる場合にわざわざラブホテルを選ぶ必要性は高くないかと思いますが、タクシーで1メーター程度の距離であればラブホテルを選ぶのも全然ありかと思います。

騒音・防音面、アメニティ面、設備面。これらを重要視する方にとってはラブホテルは非常に快適な宿泊施設といえるでしょう。
次回の出張の際は、ラブホテルを利用されてみてはいかがでしょうか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。