メンバー割引き他クーポンのご利用は出来ません

大阪府松原市のラブホテル 「ホテル フォレスト」

〒580-0014 大阪府松原市岡7-391

Tel:072-332-5611

宿泊
予約

メンバー割引き他クーポンのご利用は出来ません

ビジネスホテルで追加料金を支払わないといけない?複数人で宿泊禁止

ビジネスホテルに一人で宿泊すると申告したにも関わらず、複数人で宿泊した場合、宿泊料金はどうなるのでしょうか。一人分の料金で複数人が宿泊する事になるので、これが許されるのであればかなりお得に宿泊出来る事になります。

今回は、ビジネスホテルの追加料金についてお伝えします。どんな時にビジネスホテルで追加料金を取られてしまうのか見ていきましょう。

ビジネスホテルの追加料金ってどんな時に取られるの?

基本的に、ビジネスホテルで追加料金を取られてしまうシチュエーションとしては、チェックアウトの時間になってしまったにも関わらず寝坊をしてチェックアウトを行わなかった場合は当然、追加料金が取られます。

こちらは延長料金として取られる事になりますね。納得して宿泊する必要があります。

もう一つのシチュエーションは、規約を破るということです。ビジネスホテルに宿泊する方の目的として、宿泊料金を抑えたいという理由を挙げる方は多いのではないでしょうか。お得に泊まる方法を考えた時に、一人部屋に複数人で泊まれば安く済むという考えに至るのは自然な事かもしれません。

しかし、これをやってしまうと当然後からバレた場合に規約違反となり、追加料金を請求されてしまいます。悪質な場合は法的な問題になる事もあります。

ビジネスホテルの宿泊料の数千円を節約する為に犯すリスクとしては大きすぎます。そもそも、この事を知らずに一人部屋に複数人で宿泊してしまう方もいるようですが、知らなかったでは済みません。

恋人がいる方は、ついビジネスホテルに恋人を連れ込んでそのまま眠ってしまったという事をやってしまいがちですが、これも二人宿泊している事になってしまいますので気をつけましょう。

ビジネスホテルによっては防犯上の理由で、ロビーに宿泊者以外が立ち寄る事自体を禁止しているところもあります。禁止されているのにウロウロしてしまうと、最悪の場合警察に突き出されてしまいます。

最近では、複数人が同じ部屋に宿泊するという事を想定したビジネスホテルもありますが、まだまだ少数派です。一般的なビジネスホテルは一人用で作られている事が多いので複数人で宿泊する際には、ビジネスホテルの選択肢が限られてしまいます。

ちなみに、宿泊せずに入室するだけなら大丈夫だとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、入室だけでもダメなんです。人数を追加したい場合は予めフロントに相談しておく事でトラブルは防げるでしょう。

多分バレないだろう、バレなければ大丈夫などと甘い考えで知り合いを入室させたり宿泊させたりしていると、後悔する事になりかねません。

最悪の場合、そのビジネスホテルのブラックリストに入れられてしまい、今後その系列のビジネスホテルを使う事が出来なくなる可能性もあります。そのビジネスホテルがチェーン店の場合は、共通のブラックリストを使いますので、その店舗だけではなく、全国にある他の店舗にも入れなくなってしまいます。

ビジネスホテルには監視カメラがついているので、バレる事はないと思っていても案外見られてしまっているものです。下手に嘘をついて話が大きくなって証拠を提出されるとかなりややこしい事になるでしょう。

複数人でお得に宿泊したいとお考えなのであれば、ラブホのビジネスプランを使う事をおすすめします。複数人でお得に宿泊する事が出来るので目的が達成出来るでしょう。

ラブホのビジネスプラン利用してお得に宿泊する

ラブホのビジネスプランを活用すると、一人で宿泊しても二人で宿泊しても、1部屋の料金で大丈夫なので、追加料金を支払う必要がありません。

ビジネスホテルで見つかったら訴えられるかもしれないとドキドキしながら宿泊代を節約するより、ラブホのビジネスプランを使って合法的に宿泊する方が健全ですね。

追加料金の心配をしないでいいだけではなく、ラブホにはラブホならではのメリットがあります。アメニティが充実していたり、お風呂やベッドが大きかったりカラオケやビデオオンデマンドサービスを利用出来るなどです。

快適に過ごせる上にストレス発散まで出来、追加料金や追い出される可能性の事を考えなくていいのでおすすめです。

ラブホのビジネスプランを使えば、ラブホの広い部屋を自由に使えるので持ち帰ってきた仕事があったとしても集中して行えます。

最低限の物が揃っていてコスパがいいというイメージのビジネスホテルと、本来楽しむ為に作られているラブホでは大きく使い勝手も違ってきます。

まとめ

ビジネスホテルで一人で宿泊するはずの部屋に内緒で複数人で宿泊してしまうと、追加料金を取られるだけではなく法的な問題に発展する可能性があります。一方、ラブホのビジネスプランを使えば問題なく一人でも二人でも宿泊する事が出来ます。

ラブホのビジネスプランはサービスも充実しているので、総合的に考えるとビジネスホテルよりおすすめです。まだ使ってない方は是非検討してみて下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。